美味しいワインにプラスアルファを

2021/7/10 ワインと暮らすメールマガジン



こんにちは

久しぶりの晴れ空ですね。

今日はパレット柏さんでのワイン講座でした。

テーマは南アフリカ。

南アフリカワインを飲んだことがある方はおそらく2,3人ぐらいだろうなと予想していたのですが、参加者の半分の方が飲んだ経験があるとのこと。

意外でしたが、知りたいと思ってきました!と言っていただき、私も張り切って歴史から経済格差、コロナ事情にとありとあらゆるお話をしてきました。

ワイン講座の内容を考えるときに、ワインを楽しんでいただきたいのは勿論ですが、折角ならその国のことをしっかりとお伝えしたいと思っています。

できれば風景が目に浮かぶぐらいに。

日本では色々な国のワインが買えますが、これらのワインには、歴史、経済、文化、様々な事情が絡んで売られています。

家で楽しむためだけにそこまで知る必要は無いのかもしれませんが、知ることによって目の前のワインがただの美味しいワインじゃなくなると私は思うのです。

今日最初にテイスティングしていただいた南アフリカのスパークリングワインは、第44代アメリカ大統領であるバラク・オバマ氏が立候補を決めた夜に夫人と飲んだといわれているワイン。勝利の美酒として当選した夜にもこのワインを飲まれたそうです。

また、アパルトヘイト撤廃に尽力し大統領に就任したネルソン・マンデラ氏も愛したワインでもあります。

二人の偉大な大統領に選ばれるスパークリングワインは、徹底的にシャンパーニュ製法にこだわった作りで、キメの細かい泡と豊かな酸、ミネラルが印象的な美味しいスパークリングワインだったのですが、美味しいだけじゃないものがあるのでしょう。

私はそんなことに思いを馳せずにいられません。

その国の歴史や経済等様々な状況の中、人々の暮らしの中で造られ飲まれているワインに、生き方を考えさせられたり、励まされたり、胸がときめいたり。

ワインを飲みながら、「美味しい」というだけじゃない、そんなこともお伝え出来たらと思っています。

今後の講座予定はこちらからご覧くださいませ。

https://www.atsuko-kawada.com/event

最後になり、しかももう夕方になってしまい大変恐縮ですが、本日はヤオコーさんのワインと生ハムが20%オフの日です!

美味しいワインを飲んで楽しい週末をお過ごしください。

それではまた。

次回は7/20に送ります。

Nagareyama Wine Club

河田 安津子