Piccolo Lusso @流山セントラルパーク

今年に入って4回目の法事があった土曜日。

都内からの帰り道、力いっぱい泣きじゃくって寝た娘をベビーカーに寝かせ、流山セントラルパークで途中下車して駅前にある【ワイン食堂 Piccolo Lusso】さんへ。

予約なしで伺ったのですが、店内はほぼ満席、ダメかな~と思っていたら素敵なマダムが「空いたテーブルがあるのですぐ片付けますからお待ちください」とのこと。やった~!


まずは白のグラスワインを注文。 白だけでグラスワインが5,6種類あったでしょうか。 これが‥めちゃめちゃ美味しい!!! 一つは優しく爽やかなハーブ香が癖になるイタリアの白ワイン、もう一つは黄桃のようなリッチな香りと味わいのフランスボルドー産、冷えすぎてなくて、それはもう存分に楽しめました。

お料理を頼もうとしたところ、人気のメニューは既に売り切れていたのであるものの中から。

アサリの白ワイン蒸しは大ぶりなアサリがプリプリ、スープも、追加で注文したパンも美味しい。

鮮魚のマリネは青魚独特の味わいを残しながら白ワインの味わいとぶつからず、

カマスのフライはサクサクなのに中身がしっとりふわふわで甘く、タルタルソースの玉ねぎもしっかりさらしてあって辛みが無く、

あれよあれよと白ワインは計4杯に。


メインにはラム肉の煮込みを。 ボトル一本飲む体力が無かったので(ほんとは飲みたかったけど)、これもグラスワインで。


シェフ自らが出してくれたこの料理に合う赤ワインは、 ニュージーランドとボルドーという今人気の新しいタイプのワインと古典的なワインとの対比が面白く、どちらもお料理に合わせて楽しめました。

娘が寝てる間に軽く飲んで帰るつもりがあまりの美味しさにガッツリ夕食となりました(笑)


実は、法事の後日本ワイン祭りに行く予定だったのです。

楽しみにして準備万端で行ったのにお祭り会場の日比谷公園に着いた頃には終わる30分前でチケット買えず。

本日のメインは法事だとは分かっているものの無念でならず、大人げなくもひと暴れしてしまいました。

娘もつられてひと暴れ(笑)


そんなこんなでわれら家族は崩壊しかけていたのですが、このお店に出会えたおかげで楽しい週末の夜となりました^^


私たちの他にも子連れのお客様がいらっしゃり、みなそれぞれにゆったり楽しんでいるご様子。

都内のバルでは子連れのためか入店を断られたけど、流山では店員さんも周りのお客さんも温かく、家族でワインを飲みながらゆったり過ごさせていただけるのがとても嬉しかった。


ずっとそこにあって欲しい大切なお店に出会えました^^







11回の閲覧